仏教では法要を行う日が決まっています。
死後七日ごとに四十九日まで行う忌日法要(きびほうよう)と、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌などの年忌法要(ねんきほうよう)です。
仏教では、死後七週間はまだ故人があの世とこの世の間をさまよっているとされています。
この四十九日間を「中陰(ちゅういん)」と呼んでいます。
死後七日目から七日ごとに七回、閻魔大王(えんまだいおう)をはじめとする十王から、生前の行いに対してお裁きを受け、四十九日目で来世の行き先が決まるとされています。 残された家族は故人が極楽浄土に行けるように、故人に善を送る(追善)法要を営むのです。 年忌法要は極楽浄土に行った故人がさらなる精進の道へと導くために営みます。
一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌とつづき、三十三回忌で長い修行の締めくくりとして、故人は菩薩(ぼさつ)の道に入り、「ご先祖さま=守り神」となります。 仏教ではさらに、五十回忌、百回忌と続きますが、一般には三十三回忌、もしくは五十回忌をもって「弔い上げ」とし、法事の締めくくりとしています。

葬儀後の主な法要一覧

死亡日を加えた日数 呼  称 法要の内容
7日 しょなぬか
しょしちにち

初七日

還骨勤行後の後、近親者・知人を招いて。法要後、会食を行う。

14日 ふたなぬか
にしちにち

二七日

遺族・近親者だけで行うことが多い。

21日 みなぬか
さんしちにち

三七日
27日 よなぬか
ししちにち

四七日
35日 いつなぬか
ごしちにち

五七日

遺族・近親者だけで行うことが多い。 宗派によっては忌明けの供養を行う。

42日 むなぬか
ろくしちにち

六七日

遺族・近親者だけで行うことが多い。

49日 なななぬか
しちしちにちき

七七日忌

近親者・知人を招き、忌明けの法要を行った後、会食を行う。 白木位牌を菩提寺に納め、本位牌を仏壇へ納める。

100日 ひゃっかにち
百カ日
近親者・知人を招き、供養する。
満1年目 一周忌
しょうつきめいにち
(祥月命日)

近親者・知人を招き、供養する。

満2年目 三回忌
満6年目 七回忌
満12年目 十三回忌
満16年目 十七回忌
満22年目 二十三回忌

宗派によって多少異なるが、十七回忌から五十回忌の間で法要を終え、永代供養する。

満32年目 三十三回忌
満36年目 三十七回忌
満49年目 五十回忌

※三回忌以降はいずれも祥月命日です。但し、地域によって多少異なります。